« ツルウメモドキ | トップページ | 古代米の稲刈りと脱穀作業に助っ人現る »

2009年10月 9日 (金)

ついに発見サルナシの実

古代米の稲刈りを明日から始めることになって機械の準備など何かと慌しいが、今日もカミさんと荒れ山に行った。宝物を拾うためだ。アケビやマタタビ、ヤマボウシなどは山林の大きな木に絡みつくように実がなっていて採取するのに苦労するが、先日の台風で落ちているのを拾うのだ。タヌキやイノシシに鳥たちも狙っているし落ちた物は直ぐに腐食してしまう。農作業は後回しにしてでも急がないといけない。

昨年、具座のお客様から「山の実の中でも一番美味しいのはサルナシだ」と教えていただいて春から山菜ガイドを頼りに探していたが見つけることが出来ずにいた。とことが今日は偶然に発見した。マタタビに良く似ているので間違いやすいが食べてみたら直ぐ分かる。キウイフルーツのような酸味と甘みが混じったトロリとした食感で実においしい。

マタタビは「旅人が疲れた時に食べてまた旅にでた」と言うくらいに疲労回復に効くそうで両方とも薬膳酒にした。また具座の陳列棚が広くなった。

薬膳酒にして瓶に入れると違いが分かる。マタタビは浮いているがサルナシは沈んでいる。マタタビを入れていた器を台所に置いていたら愛猫レイちゃんが必死に探していた。マタタビは猫の好物なのです。

0011

|

« ツルウメモドキ | トップページ | 古代米の稲刈りと脱穀作業に助っ人現る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに発見サルナシの実:

« ツルウメモドキ | トップページ | 古代米の稲刈りと脱穀作業に助っ人現る »