« 農家民宿 具座の夕食(18年11月1日) | トップページ | 江島良介先生著書出版記念パーティー »

2006年11月 2日 (木)

目指すべきこれからの食環境のあり方?

今日11月2日は具座も開店休業で農作業に専念した。椎茸原木の管理やモミガラの取り込み、古代米の取り込みとゆっくりと時間が流れた。

具座のふれあい農園には森ちゃん達と井本さんがやってきて農作業を行った。昼食を挟んで井本さんと目指すべきこれからの食環境のあり方?のようなことを話した。と言うより聞いたと言う方が正しいか?

これまでも、井本さんは具座にやって来る度に我々に真剣に問いかけてはできるだけ解りやすく話してくれる。我々も少しづつ本気になってきた。もっともっと勉強して安全安心の食を提供するためにできるだけ早く減農薬から完全無農薬に移行しなければならない。やっていけるか不安で自信がないが、あまり力まずにやっていこう!マラソンのように。

     お客さんのない夜は本当に静かだ

Dsc00017

Dsc00021

|

« 農家民宿 具座の夕食(18年11月1日) | トップページ | 江島良介先生著書出版記念パーティー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目指すべきこれからの食環境のあり方?:

« 農家民宿 具座の夕食(18年11月1日) | トップページ | 江島良介先生著書出版記念パーティー »